札幌の整体院|「痛みとり専門」女性が担当で安心です(^^)女性専門らくーん整体院

腰痛全般

ここでは、腰痛について解説したいと思います。

腰痛になり、病院の検査で「異常ありません」と言われたら、
それは、西洋医学の範囲ではない、ということです。

まずは病院で、検査をしっかりしてもらうこと。
もしかしたら内臓疾患が原因での痛みかもしれません。
検査をしてもらうことは、とても大切です。

それで、「これは病院の範囲じゃないんだな」とわかったら、
安心して(?)自然形体療法を受けに来て下さい。

自然形体療法の場合は、「体を正しい状態に戻す」ことで、
その場で痛みがなくなる、もしくはかなり楽になることが
実感できます。

すぐ楽になって、不思議だなーと思いますが、良く考えれば
全く不思議ではありません。

体は、正しい状態であれば、痛みを出す必要が全くなくなります。
痛いのが嫌なら、正しい状態に戻してあげれば良いだけです。

痛い状態というのは、体にとって異常な状態になっている、ということです。
そのまま放っておくと、現状維持ならまだしも、
悪化してしまうことがあります。

特に、腰の場合、間違った生活習慣が原因で痛みがでることが
とても多いので、早めに習慣も改善することが大切です。

腰の痛みの原因は、

体のゆがみ

筋肉の異常緊張

椎間板の劣化伸縮

動かしたときの関節のズレ

が主な原因です。

これらを施術により正しい状態に戻すことで、
その場で「痛くない体」に戻ることができるのです。

今までの生活習慣が間違っていたり、何らかの強い刺激によって、
こういった体の異常が出ます。

施術で痛みがなくなったのはいいけど、また同じ生活習慣を
していれば、当然ですがまた痛くなってしまいます。

足を組んだり、体に無理のかかる変な姿勢を長時間していたり、
寝不足が続いたりすることが、悪い生活習慣です。

施術で痛みのない楽な状態に戻して、そのいい状態を自分で
維持できるようになれば、もう腰痛で悩むことはなくなります。

間違ったお手入れをしていては、残念ですがよくなりません。

湿布では、筋肉は楽になりますが、ゆがみやズレの痛みは
湿布を貼っても改善されません。
痛みの原因を解消してあげることが大切です。

ゆがみを直そうと、ボキボキする整体に行って、
「余計に痛くなった」という話を聞きます。

ボキボキしたり、ぎゅーぎゅー揉んだりすると、
体は強い刺激に嫌がって、余計悪くなることがあります。

腰痛の場合は、とにかくやさしく、施術中に痛みを感じないように、
ゆがみと緊張、椎間板のつぶれを改善させるようにしています。

「痛いから頼って来る人に、我々が痛みを与えてはいけません」
という考え方をするのが自然形体療法だからです。

痛みのない施術で、正しい状態に戻し、痛くない体に戻る。

それが、正しい腰痛の施術法だと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional