札幌の整体院|「痛みとり専門」女性が担当で安心です(^^)女性専門らくーん整体院

脊柱管狭窄症で手術をする前に

脊柱管狭窄症で手術をする前に出来ること!

病院で脊柱管狭窄症と診断されて、手術をしても期待していたほど効果がなかった、という方が、今まで来院して下さった時に、体や心にある程度の共通点があるなと感じます。

そこが改善されると、手術で変化のなかった痛みでも、
「これなら日常生活で困らないです!」
と喜んでいただけるほど、どんどん楽になっていくので、手術で痛みがとれなかったかたでも、あきらめずに、この改善ポイントを攻略していってみてはいかがでしょうか。

現在、脊柱管狭窄症の手術をご検討中の方も、このページを参考に、ご自分の体をチェックされてみるのも、「手術したのにだめだったー」という残念な結果になりにくくなるので、オススメです。

手術をする前に、手術以外の改善法で改善できないかどうか、ぜひご検討下さい。
「痛みがとれなかったら手術しましょうね」という場合なら、今すぐどうしても手術しないといけないという緊急の状態までにはいってないと思いますので、整体でもお手伝いできることもきっとあると思います。

こんな方に、この記事はオススメです

・腰や足の痛みやしびれでお悩み
・整形外科で脊柱管狭窄症ですね、と診断されている
・湿布や痛み止めやリハビリで様子を見ているが改善されない
・痛みがとれないようだったら手術、といわれている
・出来るなら、手術は最終手段にしたい
・納得できる改善方法があったら、しっかり取り組みたい
・自分じゃなくても、大切な人が悩んでいて、良い方法を探している方

上記の項目に当てはまる方は、ぜひ記事を読み進めて下さいね。

基本的に、痛みやしびれは、体からのメッセージです。
どこか、体にとって負担の多い生活を積み重ねていると、
「この体の使い方は無理がありますよ」
と、教えてくれます。

手遅れにならないうちに、直していければ、痛みやしびれから卒業していける可能性があります。
自分だけで直していける軽いものもありますし、癖になってしまっている場合は、整体などの力を借りた方が確実で早いと思います。

これまでの当院でのたくさんの改善例から「まとめ」を書いていきますね。
参考になる部分があれば、ぜひそこを解決していってみてください。
(当院は女性専門なので、女性のかたしか診られませんが、近所にも良い先生がいらっしゃいますので、そちらを紹介することもできます。男性の方はこちらのページを参考になさって下さい)

脊柱管狭窄症でお悩みの方の共通点

1.お尻、股関節、ふとももの裏の筋肉がガチガチ

筋肉がガチガチのケースですと、当院で提供してる、筋肉がふわふわに柔らかくなる施術をすることで、「えっ、わたしの身体ってこんなにふにゃふにゃになるんですか」というほどコリがとれていき、そのせいで痛みやしびれが出ていた部分も、とても楽になっていきます。

柔らかくなるまでの期間は、個人差があり、早い方だと初回の帰りには実感していただくことができます。通常は、3回~5回くらいの間には、だいぶ柔らかく変化していただけることがほとんどです。
現在進行形でストレスが強い場合などは、ちょっと回数が増える傾向があると感じます。

2.筋肉の量が同年代の方と比べてとても少ない

筋肉の量が、「えっ、こんなに少ないの、これでは、体を支えるのも大変だったでしょうね」というような、筋肉がとても少ないと施術で触っている時に感じる方は、やはり、筋肉が普通にある方より、体の負担が多いので、痛みやしびれが出てしまう場合があるようです。

「筋トレをがんばればいいの??」

そうです、とも、言いきれないです。やり方によっては、悪化してしまう場合も多いからです。

では、どうしたらいいの??

無理なく回復していくためには、順番があります。

すでに痛い場合、痛みを我慢して筋トレすることで、逆に筋肉の緊張が強まり、痛みが悪化してしまう場合もあるようです。
リハビリに通えば通うほど、痛くなった、というお話も聞きます。通わなくても悪化してしまう時期だったかもしれませんが、痛いマッサージや痛い筋トレ、痛いストレッチなどで、悪化のきっかけになる場合もあるのではと感じています。

筋肉のコリが柔らかくなることで、痛みはだいぶ楽になる

楽になった状態で、無理のない範囲で、筋トレをがんばる

筋トレして疲れるから、施術でまた筋肉のコリを楽にする

そしてまた筋トレをする

というサイクルを、何度か繰り返していくと、どれだけの期間を普通に動けなく暮らしていたかによって改善までの回数は変わりますが、どんどん楽に暮らせるように「良い体」に戻ることができます。

その状態で、整形外科を受診していただくと、前には
「手術しかありません」
と言っていたお医者様も、

「これだけ楽になったなら、まだ手術は今はしなくても良いでしょう。このまま様子をみていて下さい」
と、対応が変わるそうです。

そうなっても、まだまだ油断はできませんので、良い状態をキープできるようになるまで、定期的に通っていただくことをお勧めしております。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional