札幌の整体院|「痛みとり専門」女性が担当で安心です(^^)女性専門らくーん整体院

有痛性外脛骨

痛みの大百科へ戻る

有痛性外脛骨  

外脛骨は、内くるぶしの前下方にできる種子骨の一種です。

症状  

骨が出っ張ったように膨らんで、痛みがある。

原因  

一般的に、外脛骨に、スポーツなどで無理な負担がかかったり、靴がこすれたりするのが原因とされています。

改善方法  

病院等では、外脛骨のところに穴あきパッドを貼ったり、靴底に内側が高くなるソールを入れたりします。

自然形体療法では、施術により、周辺の筋肉の緊張を緩め、足の形を整えることによって、根本的な改善を行います。

痛みの大百科へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional