札幌の整体院|「痛みとり専門」女性が担当で安心です(^^)女性専門らくーん整体院

手根管症候群

痛みの大百科へ戻る

手根管症候群  

手首のところにある手根骨と屈筋支帯(横手根靭帯)で形成される手根管には、手、手首、指の屈筋腱(深指屈筋腱、長母指屈筋腱、とう側手根屈筋、浅指屈筋腱)と正中神経が通っています。
なお、正中神経の支配は、親指から、薬指の中指寄り側までの間です。

症状  

人差し指、中指を中心に、親指や薬指の中指側のしびれや痛み。
ひどい時には睡眠時に痛みがある。

原因  

主に、手の使いすぎにより、手根管を通過する腱などが腫れることにより、正中神経が圧迫されて、しびれや痛みが出ます。
それ以外にも腫瘤なども、正中神経を圧迫する原因になります。

確認方法  

  • チネル徴候テスト  
    手首の小指側を、指を弾いて当てて、しびれがあるかどうか確認します。
  • ファーレンテスト  
    手のひらの甲と甲を合わせて、指先を下にした状態で1分間保持し、しびれがあるかどうか確認します。

改善方法  

病院では、ひどい場合には、靱帯を切除して、圧迫をなくします。

使いすぎの場合、施術により改善します。

痛みの大百科へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional