妊婦さんもお越し下さい!「痛みがとれて、再発しない体」になりたい方にオススメです。女性専門整体院です

花粉症

痛みの大百科へ戻る?

花粉症  

症状  

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
目のかゆみ、充血、涙目。
のどのかゆみ、皮膚のかゆみなど。

原因  

花粉によるアレルギー反応により、いろいろな症状が引き起こされます。

でも、花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。
花粉の飛散量の増加以上に、花粉症になる人は、激増しています。
さらに、花粉症になっていた人が何もしないのに、翌年、突然、症状が出なくなったりします。

つまり、花粉は、誘因であって原因ではないということです。
身体機能が正常に働いていれば、花粉が身体に入っても、アレルギー反応を起こしません。
身体機能を正常に働かせるのに一番重要な部分は、首です。

したがって、寝不足などの悪い生活習慣などで、首の骨がゆがみ、椎間板がつぶれ、身体機能が正常に働かなくなり、花粉に対してアレルギー反応を起こしたことが原因です。

改善方法  

施術により、首のゆがみやつぶれを正常にすることによって、身体機能が正常になり、アレルギー反応による花粉症の症状は出なくなります。

予防方法  

首の椎間板のつぶれに対する有効な方法は、睡眠時間と枕です。

首にある頚椎の椎間板は、起きている間、頭の重みによってつぶされていきます。
そのつぶれは、寝ることによって修復されます。
したがって、7〜8時間の睡眠時間は確保するようにしましょう。
眠れなくても、横になっているだけでも効果はあります。

首の前湾した形を作る、首枕や頚椎枕と呼ばれる枕を使用しましょう。
首の骨が前湾した状態が、一番首に負担をかけない状態です。
首枕や頚椎枕を使うことによって、首の正しい形を作り、更に、頭の重みで牽引がかかりますので、椎間板のつぶれもより修復されます。

首のゆがみについては、施術を受けてください。

痛みの大百科へ戻る?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional